茅ヶ崎の十間坂保育園

茅ヶ崎市にある十間坂保育園の見学会に行ってきました。

先週の木曜日は横浜事務所で担当した西区の障がい者福祉施設の社員全員での社内見学会がありましたが幼児の城福祉施設研究所、横浜事務所とそれぞれの完成物件の見学会を行うようにしています。
この保育園は「幼児の城」で担当した保育園です。

園のサインも担当者が考案したとの事ですが、10の足跡がモチーフとなっているそうです。なかなか良いですね。


全体はホワイトを基調に様々な色を用いて空間を演出しています。
丸い窓や天井も工夫がなされていてなかなか楽しく仕上がっていました。




各便所もイエローやグリーンなどのタイルを使用し、明るく清潔なトイレです。


子供達も楽しみにしているのではないでしょうか。

茅ヶ崎といえば、駅のロータリーに面した場所に以前弊社で担当した「山鉄ビル」があります。


休みの日もあってか、沢山の人で賑わっていました。担当した建物が賑わっているのは嬉しいものです。



INAXのショールーム見学

INAXのショールームに行ってきました。

西区の障害者施設で使う衛生機器を選定するにあたり、採用候補の便器や手洗いなどをお施主様と確認しました。


ショールームでは、車椅子用のトイレの各寸法や使い勝手などを検証できます。また、浴室の浴槽と床の高さを変える事ができるので、どの高さが使いやすいかなどが体験できます。


今、建設中の施設は障害者の方のための施設です。
メーカーからは様々な種類の手洗いが出ていますが、使われ方も様々な訳で上から体重をかけても大丈夫か、水栓は自動がよいか、シンクの深は・・・など手洗いひとつにしても検討課題がたくさんあります。

衛生機器などは一度付いてしまうと交換も難しいので機器の選定も慎重に行わなければいけません。
実際に見て頂いたり使って頂く事により、問題点も浮かびます。まさに「百聞は一見に如かず」です。



園舎見学会

土曜日に厚木事務所で設計・監理を担当した桜新町保育園の社内見学会がありました。


桜新町保育園については、4月4日の幼児の城ブログに詳細が書いてあります。

日比野設計は厚木と横浜に事務所を構えていますが、お互い完成した物件を見に行き、勉強会を行っています。



幼稚園も保育園も十人十色でひとつとして同じ園はありません。さまざまな園舎の形態や実際の使い勝手を見ることで良いものはどんどん取り入れて設計に生かすよう心がけていますし、新しい素材やディテールの試みなどがお互い良い刺激になります。




| 1/1PAGES |



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発行の書籍。高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集。

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode