「玉屋」食堂でのランチ

当ブログ4月2日の建物探訪Δ任款匆陲靴拭県立体育センターの「玉屋」食堂にランチをしに立ち寄ってきました。
「玉屋」食堂の雰囲気と味が気に入って、常連になりつつあります。





「玉屋」食堂にはエアコンがありません。
今日は、30℃超えの真夏日で、かなり暑かったのですが、窓全開の食堂内は風通しが良く、暑がりの私でも美味しく食事ができました。

さすがに風が無いと、じわ〜っと汗が出てきますが、適度に風が入ってきますので意外と大丈夫なのです。

エアコンに頼り過ぎず快適にすごせるような環境は理想です。
節電や健康の点からも通風・採光のよい空間を造ることは大切です。特に、幼児施設や老人福祉施設には必要な事と感じます。

一方で、今日は横浜市全域に光化学スモッグ注意報が発令されています。
また、放射能の問題がある地域もあるので、一概に窓全開でいいとは言い切れない事も事実です。

理想と現実という問題は有りますが、通風・採光のある空間づくりを大切にしたいと思います。



ちなみに今日は、しょうが焼き定食650円。



食堂のおばさんが、膳を取りに行った私を見て、「もう少しご飯盛っておこうか」と少し多めにしてくれました。(私は何も言ってないのですが・・・)

今日も美味しかった。













かながわソーラーバンクシステムの新型プラン

かながわソーラーバンクシステムの新型プランが選考されたとの記事が今日の新聞にでています。




新型プランの概要は、太陽光発電設備を設置する県民は、販売価格として一律「8万円+補助金相当額」を支払い、設置後は買取期間(10年間)中、発電量を県民と事業者が2:8の割合でシェアするそうです。

また、設備の所有権は設置当初から県民に帰属し、10年後には、発電量はすべて県民が使うことができるとのこと。
   



↑神奈川県のHPより
参考HP→ http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p495170.html


提案したのは、株式会社DMM.comという会社です。
今年の2月からすでに、「DMMソーラー」という名で展開をしています。

計算上は、4年で初期負担分は回収できるしくみになっています。

ただし、事業採算性が見込めない場合は設置ができないこともあるそうなので注意です。
設置の条件は、

     1.発電量(日照量・屋根の形状)が規定に達する
     2.10年間の契約を行うこと
     3.築30年未満の家・建物の所有者であること(または同意を受けていること)
     4.インターネットを使える環境が整っていること
     5.補助金制度の利用に同意すること
     6.設置費用8万円と補助金相当額を用意できること

実質8万円という額は、ソーラーパネルを設置するには安く感じますし
そんなに無理な額ではないような気がします。

あとは、従来型の設置か、この新型プランが良いかは様々な条件を考慮して計算しないと
答えは出ないのかもしれませんが、パネルの普及という点では面白いのではないでしょうか。



よこはまECO保育所の拡充

横浜市が行っている保育所整備の一環で、「よこはまECO保育所」がありますが、
新築物件のほか、既存の保育所や、改修整備を行う保育所にも認証の対象を拡大するとの記事が
今日の建通新聞に載っていました。

           

7分野の取り組み項目があり、3分野以上10ポイント以上が認証条件です。

認証制度とは直接関係はないのですが、
横浜市からは、太陽光発電、園庭の芝生化、屋上・壁面緑化を行うと補助金がもらえる可能性があります。

横浜市以外からも、蓄電池やEV車用の急速充電設備を設けた場合に補助がでる可能性があります。

新築案件では、市有地貸与、老朽改築、マッチングなどは認証が必須となりますが、他の案件で
任意としても積極的に認証を受けるつもりで計画をする必要があるのではないでしょうか。

もちろんコストの壁は有りますが、災害時のエネルギーの確保、普段の光熱費の削減など
メリットもあります。

また、地球温暖化対策としてCO2の削減を行い、より良い未来を子供たちに託すという事を考えると、ぜひとも取り組まなければならないと思います。









三芳SA

深谷市のあおぞら保育園の帰りは関越道で帰ってくるのですが、三芳PAで一休みをするのが恒例となってます。

最近リニューアルして「PASAR 三芳」としておしゃれに生まれ変わりました。
フードコートなどは、従前のサービスエリアとはだいぶ違いオシャレな空間となっています。



夜10時くらいなのでガラガラですけど・・・

輸入食料品のショップなども有り、なかなか楽しめます。

最近のSAは、エコロジーへの取り組みを積極的に行っています。



壁面緑化や太陽光発電、雨水の再利用や地中熱利用システムなどなど。
かなりコストを掛けてさまざまなエコを取り入れているようです。

私たちも幼稚園や保育園の園舎の設計をする際は、できるだけエコを取り入れるようにしています。
ただ、限られた予算の中ではすべてを採用するわけには行きません。

建物の配置や形状、色、庇の設置などを工夫をする事で、かなりエコになります。
必要なのは知識とアイデアです。

建築は常に勉強ですね。






今夏の平均気温

 先日、気象庁から、今夏(2010年6月〜8月)の日本の平均気温が、統計を開始した1898年以降の113年間で第1位となったとの発表がありました。

エルニーニョ現象の影響で北半球の気温が上昇したためという事です。また、背景として二酸化炭素などの温室効果ガスの増加に伴う地球温暖化の影響が現れているとの事。

この夏休みに、娘の通う小学校の教室に扇風機が設置されました。(1個だけですが。)さすがに学校も熱中症の心配があったのでしょう。

今後も最高気温の記録が更新していくのではないかとの見解もあり、考えただけでも恐ろしくなりますが、現実の事として意識をしなければならないと思います。

地球温暖化を抑えるためには、建築の造り方、生活の仕方も今までという訳にはいかないのではないでしょうか。身近なところからエコを実践していく必要があります。

8月に横浜事務所に社用車が来ました。日産のノートですが、ナビの画面にエコ運転度なるものが表示されています。




エコ運転をするとメーターが上がっていくしくみです。
さらにエコスコアという画面があります。



点数が出るのですが、発進、巡航、減速の3項目の平均値が点数として表示されるみたいです。
すぐには点数も上がらず、徐々に加算されていきますが、急発進などするともちろん点数が下がってしまいます。

不思議なもので点数が表示されていると、より良い点数を目指してしまうのです。
結構気になるものです。
高速を走行した後などは点数が上がるので、ついついうれしくなってしまいます。
最近は、自然にエコ運転になってきている感じがします。メーカーも考えたものですね。







スタバのエコ・ショップ

東名高速上り線の足柄SAのスタバがエコ・ショップ(環境配慮型店舗)なのをご存知ですか。
エコショップ1号店だそうです。



私は、先日はじめて知ったのですが、様々な工夫が施されていました。
店舗の横の壁に、どのような配慮をしているかを説明してあるプレートがあります。





建物に関しては、ソーラーパネル、エコタイル、再築システム、再生品使用ウッドデッキ、省エネLEDサイン、オール電化オーニング、赤外線カットフィルム、省エネ対応型空調機などなど。

そのほかにも、足柄の水(富士山麓の伏流水)、ペーパーナプキン、私も持っていますがマイタンブラーなど。

循環型社会を目指すキーワードの3R:Reduce(減らす)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)の考え方を積極的に取り入れていました。

私たちも保育園や幼稚園のエコ園舎づくりを進めています。

最近では、1月なのに4月中旬の陽気だったりと、温暖化の影響が大きくなってきたような気がします。今の子供たちが大人になる頃、環境がどうなっているかいささか不安にもなります。小さなことからでも、一人一人がエコを意識していく事が大切ですね。




電気自動車「ジラソーレ」

 藤沢市役所の本庁舎の前に、可愛らしい電気自動車が置いてありました。



イタリア製の「ジラソーレ」という、家庭用の100硬展擦能偲鼎任るプラグイン電気自動車で、
5〜6時間の充電で距離120km、最高速度65kmということです。すごい!夜寝ている間に充電完了しますね。しかも深夜電力で。なかなかエコです。

車体はというと、全長2345mm、全幅1260mm、全高1510mmで車体重量が530kgと、かなりコンパクトです。メルセデスのsmartやトヨタのIQよりも小さいですが、しっかり2人乗りなのにはびっくりです。



また、デザインがなかなか良いです。「ジラソーレ」はイタリア語で「ひまわり」を意味するそうです。どおりで、アルミホイールのセンターキャップが・・・ひまわりでした。カワイイ。




リチウムイオン電池やモーターが今後さらに進歩すれば、充電時間の短縮や航続距離が伸びるなど、よりガソリン車に近づくのではないでしょうか。

ちなみに、車両本体価格は2,604,000円です。電気自動車にしてみればお買い得感があるのでは。



事務所にハイブリッドファンを設置しました。

事務所のエアコンに「ハイブリッドファン」を設置しました。



天井カセット型のエアコンの吸い込み口に設置し、風を拡散するものです。
わかりやすく言うと、サーキュレーターです。

席によっては直接エアコンの風が当たったり、風が届かず暑かったりとかなり作業環境にバラつきがあったのでダンボールで風の流れを変えてみたりしていたのですが、見栄えも悪い上あまり効果もなく・・・・。

ハイブリットファンが、とある幼稚園で設置してあるのを見て導入を決めました。動力はエアコンの風でまわるので、特に電源が必要と言うわけではありません。

製品はバラバラの状態で送られてくるので自分で組立、設置をする必要があります。意外と組立と設置は簡単で、30分もあれば完了します。

ハネの組立完了↓


落下しないかが心配ですが、2重3重の落下防止策が講じてあるので心配はなさそうです。

設置完了後、早速エアコンのスイッチを入れてみると、回り始めました。
今まで風が直接当たっていた場所はかなり風量が減った感じです。効果大です。



冬は暖かい空気が上にいくので、天井面で空気をカクハンするだけでかなり上と下の温度差が少なくなります。
メーカーの説明だと最大約30%の省エネになるそうなので、エコ効果が期待できます。

今回は職場の環境改善が目的で設置しましたが、結果エコにつながったようです。

まずは、身近なところからエコですね。



藤沢市役所の「発電ゲート」

今朝、藤沢市役所の新館ロビーで待ち合わせをしている時、風除室に「発電ゲート」なるものが設置されている事に気が付きました。



床に敷かれたタイルを踏むと発電するそうです。
体重約60kgの人が歩くと、0.1〜0.3ワットの発電が可能で、踏むと正面に取り付けた36個の発光ダイオード(LED)が光り、発電量が表示されます。

この「発電床」は、慶応大学の院生が代表取締役のベンチャー企業「音力発電」が開発し、発電するしくみはというと振動を拾い、圧電素子というスピーカーなどで使われる素材で電気に変えるそうです。難しい・・・。

実用化までには発電効率を上げるなど、まだまだ課題が多いそうですが、実用化されればかなりのエコ効果だと思います。
「振動」というエネルギーを利用したこの発電方法はなかなか面白いと思います。

ただ、保育園や幼稚園では「発電床」は効率悪そうですね。



保育園に壁面緑化をします

藤沢市役所に、立派なみどりのカーテンがありました。





壁面緑化を行っている建物をよく見かけるようになりましたが、なかなかうまく育ってないところもあるようです。
そんな中、藤沢市役所の壁面緑化はうまくいっているようです。植えてある植物は、ゴーヤとセイヨウアサガオです。

上の方で、アサガオが咲いていました。(ちょっと遠いかも・・・)


壁面緑化の手法としては、「直接登はん型」「巻き付き登はん型」「ユニット」などがありますが、藤沢市のは外壁にネットを設置し植物を巻き付ける「巻き付き登はん型」です。簡単な方法ですが、効果は出ているみたいです。

温度計が設置してあり、外気温と、壁面緑化の内側の温度が表示されています。ちなみに、外気温が28.7℃で、緑化の内側が28℃ちょっとというところでしょうか。0.5℃程度の差は出ているようです。



壁面緑化は植物の蒸散作用により壁面温度の上昇を抑制する効果があります。設置する場所さえ間違わなければ、空調の負荷を軽減させる事は出来ると思います。

また、植物の生育特性をふまえた維持管理が大切な事と、ユニット型などは外壁に支持させるので後から壁面緑化を行う際は強度の確認など十分な検討が必要となります。

エコな観点から考えると、温暖化防止につながるので壁面緑化や屋上緑化には前向きに取り組む必要性は感じます。

ちなみに、今設計中の保育園では、鉄骨の外部階段に壁面緑化を設置しようとしています。利用頻度も高い事から落下防止も兼ねてネット型の壁面緑化を施す予定です。

無機質な鉄骨の階段に、柔らかさが出る事を期待しています。
空調負荷の軽減には結びつきませんけど、視覚的には効果があると思います。



| 1/2PAGES | >>



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

recent comment

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発行の書籍。高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集。

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版
国内外の写真多数掲載
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode